【松本市】親から子に受け継がれる伝統行事、三九郎。2020年1月11日(土)からの3日間で行われるようです。

松本市三九郎

写真はイメージです

お正月が過ぎお飾りを外すと、「そろそろ三九郎だな」と思う松本市民は多いのではないでしょうか?スーパーに行くと柳とまゆ玉が売られているのを見かけますね。2020年1月11日(土)から13日(月)の3連休の間、各地区で行われるようです。川沿いや畑では、立派に飾り付けられた三九郎が見られたりします。

↑こちらは、「おんべ」というようです。形も少し違いますね。

View this post on Instagram

♪ すみっコのまゆ玉―🐱🐻🐧― または、クスっと笑えるお団子🍡 . ここ長野県松本地域には『三九郎』と呼ばれる伝統行事がありまして、今年は12日に行われました。 お正月の松飾りやだるまを集めて燃やし、無病息災を願って、米の粉で作ったまゆ玉を焼いて食べます😊 . 写真の左上が普通のまゆ玉です。 すみっコのパーツって…ちっちゃ~い!!😂😂 なかなか苦戦しましたww うーん🙄 似てる?似てない?笑😅 . すみっコ大好きな息子(小5なのでまわりには内緒🙊)は、ご機嫌で柳の枝に刺して、三九郎へ。 普段は全然目立たない息子なのに、この時ばかりは女の子達に囲まれて、キャー可愛い❤️って言われていました😆 そんな姿を遠くから見ながら、ニヤニヤする母なのでした😏😏🎶 . #お菓子作り#おやつ作り#手作りお菓子#手作りおやつ#おやつ#お菓子作り好きな人と繋がりたい#パティシエカメラ部#すみっコ#すみっコぐらし#まゆ玉#三九郎#コッタ#cotta#クックパッド

A post shared by momo (@yokkomomo25) on

↑まゆ玉の画像は、2019年のもの。三九郎で焼くまゆ玉もいろんな形で作られていて、子供達も喜びそう!

View this post on Instagram

// Photo by @kota_ig  Praying for Health and Safety during Sankuro (Dondo-yaki) (Matsumoto City)  In mid-January, decorations, daruma dolls and calligraphy are burned to pray for health and safety in the new year.  In the Matsumoto region, this event is called Sankuro. In other parts of Japan, there is a similar event called Dondo-yaki.  Afterwards, children often roast mochi rice cakes over the smoldering ashes of the bonfirer.  ============  無病息災を願う 「三九郎(どんど焼き)」 @松本市  正月飾りやダルマ、書初めなどを焼いて 無病息災を願う小正月の行事 「三九郎(どんど焼き)」 美しく激しい炎が舞い上がります🔥  熾火で柳の枝につけた繭玉を焼いて食べる 子供たちの楽しみな小正月の行事です✨  _________  Location /Matsumoto City, Nagano, Japan   #長野のいいところ #三九郎 #松本市

A post shared by 🏔Go NAGANO【長野県 観光 公式インスタグラム】 (@nagano_japan) on

↑こちらは外国人観光客向けでしょうか。画像もおしゃれです。
全国的には「どんど焼き」という名の行事ですが、松本市では「三九郎」として親しまれています。名前の由来は諸説あり、はっきりとしたことはわからないようです。また「まゆ玉」は、豊作祈願を意味する餅花と呼ばれるものの一つですが、養蚕が盛んだった地域では繭の形になったとも言われています。無病息災を願い、柳の枝先につけたまゆ玉を火で炙って食べる風習は、子供や松本市民にとって欠かせない冬の風物詩。いつまでも続いていくといいですね。
(kc)

2020/01/10 07:30 2020/01/10 07:30
ジモネタ松本市
号外NET他の地域

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら