【松本市】螺鈿紫檀五絃琵琶の見比べができるチャンス!御大典記念特別展「よみがえる正倉院宝物ー再現模造にみる天平の技ー」の螺鈿紫檀五絃琵琶は、2022年5月17日から東京国立博物館所蔵(明治時代)のものに変わります。

正倉院宝物

松本市美術館

2022年4月21日より松本市美術館開館20周年・リニューアルオープン記念展として公開中の御大典記念特別展「よみがえる正倉院宝物ー再現模造にみる天平の技ー」

展示室入口のフォトスポットに飾られている螺鈿紫檀五絃琵琶(再現模造品)は、数ある正倉院の宝物の中でも代表的なものです。現在のものは8年がかりで復元されたそうです!

フォトスポットでの展示は5月15日までとなりますので、まだご覧になっていない方はぜひお出かけください。

(↑螺鈿紫檀五弦琵琶→螺鈿紫檀五絃琵琶が正しい表記です)

そして5月17日からは、東京国立博物館所蔵の「螺鈿紫檀五絃琵琶」(明治時代)が展示されます。同じ場所なのかはわかりませんが、その違いを見てみるのも面白いかもしれませんね。

御大典記念特別展「よみがえる正倉院宝物ー再現模造にみる天平の技ー」は、6月12日まで公開中です。また「よみがえる正倉院宝物ー再現模造にみる天平の技ー」のHPも見応えありますので、行く前や行った後にご覧になるとより楽しめるかと思います。

松本市美術館はこちら↓

2022/05/10 07:24 2022/05/10 07:24
kc

地域ニュースサイト号外NETの昭和な記事を集めました:昭和レトロのナウいニュース

ジモネタ松本市

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外NETの広告出稿はこちら

号外net 全国で地域ライター募集